• ホーム > 
  • 審美歯科治療・ホワイトニング|審美歯科治療・ホワイトニングとは

歯を白く美しくしたい方へ~審美歯科・ホワイトニングについて~

歯を白く美しくしたい方へ~審美歯科・ホワイトニングについて~

愛知県名古屋市の歯医者「エスカ歯科・矯正歯科」は、名古屋駅直結のエスカ地下街にある歯科医院です。当院では、歯や口元の美しさをアップさせる診療メニューに幅広く対応しています。ここでは、銀歯など見た目が気になる人工歯を白い素材のものに交換する審美歯科治療や、天然の歯の黄ばみを解消して白く輝かせるホワイトニングについてご説明します。

人工の歯を白く美しくしたい方へ~審美歯科治療~

気になる銀歯を白いセラミックに変えませんか?

審美歯科治療とは?

審美歯科治療とは?

審美歯科治療とは、保険適用の素材よりも品質の高い素材を使用し、歯の見た目や機能性を向上させる治療です。例えば、審美性に優れた素材であるセラミック(陶製)の詰め物・被せ物は耐久性も高く、その透明感と自然な白さは天然歯と見分けがつかないほどです。

エスカ歯科・矯正歯科では、一人ひとりのお口の状態や歯の形・色だけでなく、患者様のご要望やお顔全体のバランスまで考慮したうえで、機能的で美しく、患者様にご納得いただける審美歯科治療をご提供しています。当院では、歯の見た目だけに終始することなく、機能性の向上も常に意識しています。銀歯や差し歯など、過去に治療した人工歯が気になっている方は、どうぞお気軽に当院へご相談ください。

PICK UP!銀歯のリスクについて

これまで保険診療の虫歯治療で使用されてきた銀色の金属、いわゆる「銀歯」は、見た目に悪いだけでなく、経年劣化でお口の中に金属イオンが溶け出し、さまざまなトラブルを引き起こしていることがあります。遅延型アレルギーである金属アレルギーもその原因が銀歯にあったという例があります。原因不明の肌荒れやかゆみなどは、もしかするとお口の中の銀歯が原因かもしれません。気になる症状がありましたら、ぜひ一度当院へお気軽にご相談ください。

ご自分の天然歯を白くしたい方へ~ホワイトニング~

1歯500円のワンコインホワイトニングもあります

ホワイトニングとは?

ホワイトニングとは?

ホワイトニングとは、専用の薬剤を使って歯の色素を分解し、歯を内側から白く明るくする治療です。歯を削ったり磨いたりしないため、歯を傷つけることがありません。天然歯の黄ばみや着色汚れが気になっているなら、ホワイトニングをおすすめします。

名古屋駅直結のエスカ地下街にある歯医者「エスカ歯科・矯正歯科」では、「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」のいずれにも対応しています。患者様のご要望やライフスタイルに合わせて最適な方法をご提案します。また、1歯500円(税抜)からのワンコインホワイトニング(※)もご好評いただいています。

※ワンコインホワイトニングは、保険診療によるレントゲン撮影・クリーニングとして約3,500円が別途必要です。上記保険診療を含まない場合は、1歯1,000円となります。

こんな方におすすめです
  • 結婚式や就職活動に向けて歯を白くしたい方
  • 加齢などで歯の色が気になってきた方
  • 歯を白くして若々しい見た目を手に入れたい方
  • 歯の色を気にせず笑顔を見せたい方
  • 接客業などお仕事で人と対面することが多い方
  • 人前に出る機会の多い方
こんな方におすすめです
ホワイトニングのメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 歯を削らずに白くすることができる
  • 何度でも施術できる
  • 比較的短期間で白くできる
  • 歯を白くすることで若々しく見える
  • 歯を白くすることで清潔感を感じさせられる
  • 笑顔に自信が持てるようになる
  • 人工歯は白くならない
  • 色の後戻り(再着色)が起こるので定期的な施術が必要
  • 手軽なほど後戻りが多い
  • 体質によっては施術できないことがある
  • 知覚過敏の症状が出ることがある
ホワイトニングの注意点
  • 18歳未満の方や妊娠中・授乳中の方は受けられません
  • 人工歯(被せ物・詰め物)の変色は白くできません
  • テトラサイクリン系抗生物質による歯の変色には効果が出にくいことがあります
  • 虫歯や歯周病がある場合は、その治療を優先して行います
  • 白くなるまでの時間には個人差があります
  • 白さを維持するためには、施術後にしっかりケアを続ける必要があります
ホワイトニングの注意点

PICK UP!エステサロンと歯科医院、ホワイトニングは違うの?

エステサロンと歯科医院で行っているホワイトニングの大きな違いは、使用する薬剤の種類です。エステサロンではポリリン酸のホワイトニング剤を使用しますが、これは歯の表面の着色を落とすもので、歯科医院のホワイトニング剤のように歯の内部から白くすることはできません。歯科医院では、医薬品である過酸化水素を含むホワイトニング剤を使用します。こちらは法律で医師資格がないと使用できないと定められています。