欠損部位の治療

みなさんこんにちは。

エスカ歯科です。

 

今日は虫歯や歯周病、事故などによって抜くことになりなくなった部分の歯の治療について書かせてもらいます。

 

欠損している部位にもよりますが大きくインプラント、ブリッジ、入れ歯などがあります。

 

インプラントは打つ部分の骨があれば打つことができます。

 

ブリッジは中間欠損といって欠損部位の前後の歯があればできます。

保険のブリッジと自費にブリッジがあり耐久性、審美性に差があり値段にも差があります。

 

入れ歯はほとんどの方に対応できますが取り外しをしなければならないので面倒に感じる人もいるかもしれないです。

入れ歯にも保険と自費があり素材、薄さ、目立ちにくさなどに差が出ます。

価格や適応症例が気になる方がいれば相談などもできるのでスタッフまでお伝えください。

オフィシャルブログ